FileMakerPro Kyushu Users Meeting

九州の FileMaker Pro ユーザグループ「ファイルメーカー Pro 九州ユーザーズミーティング」
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Google
次回の勉強会予定
  • 日程:2017 年 12 月 9 日 (土)
  • ※ 3 / 6 / 9 / 12 月の第 2 土曜開催
  • 会場:BIZCOLI
  • 参加:受付フォーム
Google グループ
RECENT COMMENT
  • FM Talkers Oct. 2014 - FileMaker 勉強会 -
    松本 (10/11)
  • 告知:FM Talkers October. 2012 - ワークショップ「メルマガ配信ソリューション」とグラフ入門
    長崎の坂井 (10/10)
  • 開催レポート:FM Talkers June. 2012 - 新バージョン FileMaker 12 の機能をみんなで掘り下げよう!
    仕事メモ@うずらの卵 (06/30)
  • FM Talkers Apr. 2011 - 検索について - レポート
    山本 (05/01)
  • FM Talkers Oct. 2010 - たまには復習でもしませんか? -
    山下好徳 (09/29)
  • FM Talkers Aug. 2010 - みんなで触ろう FileMaker Go! -
    ちぢいわ (08/27)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    キュウラギ (04/26)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    中島 (04/26)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    キュウラギ (04/20)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    CLA (04/20)
 

Developers Summit 2007 に行ってきました 〜パート2〜
このレポートは「Developers Summit 2007 に行ってきました 〜パート1〜」の続きになります。

今回はFileMakerを取り巻く状況について。とでも言いましょうか。
自分なりの視点で見つめたものを対象にレポートします。
ファイルメーカーPro 九州ユーザーズミーティングとはかけ離れたものになりますが、どうかご了承ください。


あなたのデータベースは、大丈夫? ? データベース・セキュリティの実態とその対策 ?
 株式会社 日立システムアンドサービス プロフェッショナルサービス部 技師 小川清司 氏


 出発前より気になっていたセッションです。
 データベースの開発と SOX 法は接点が無いように聞こえますが、開発中は当然として運用面でも大いに関わってきます。
 こちらのセッションではデータベースのセキュリティに対する配慮と、運用中のログ(及び業務フローの見直し)について、今後の指針ともなりうる良いセッションでした。特に感じた点としては、データベースセキュリティはPM(PL)が考慮するのは当然として、今後はPG,SEの基礎知識としても必須になってくると確信を得ました。ここを FileMaker で考えると、運用フェーズで問題が起こりそうです。
 つまり、FileMakerはログ機能が弱いため、インポート・エクスポート関係は工夫をする事で解決できますが、編集履歴を残せない箇所が厄介です。この辺は業務フローでなんとか改善するしか無いかもしれません。
 # 噂が聞こえてきた FileMaker 9 でサポートされていれば問題ないのですが…

 セッション中でも案内がありましたが、データベース・セキュリティ・コンソーシアム (DBSC)レポートが参考になります。



Excel をフロントにした業務システム連携
 マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部 熱海英樹 氏


 こちらのセッションではExcelとMicrosoft BizTalk Serverを連携させ業務フローの改善を図るデモを拝見できました。
 改善後の業務フロー自体に目新しい点こそなかったものの、Microsoft BizTalk Serverを利用することでコーディングなしに連携機能を実装できる点が特に素晴らしく将来性を感じました。
 なぜ、そのような事が可能かと言うと、Microsoft BizTalk Serverでは内部処理をXMLで行うため、XMLを通じてMicrosoft Office 2007等と連携できる点がポイントのようです。
 Microsoft Office 2007, 2008 のXMLスキーマを利用した連携は、FileMakerでも今後サポートされていくと思われますし、現状の方式(CSV(中間ファイル)による連携、VBAによる正規化〜WSH等による連携、applescriptによる自動化)に加えXMLを利用する事で、業務フローをより効率的に改善できるのではないでしょうか?



Vista時代の描画テクノロジWPFとmacでも使えるWPF/E 〜 クロスプラットフォームでのXAMLの現実 〜
 株式会社ディーバ / VSUG (C# フォーラムのフォーラムリーダー)青柳臣一 氏


 Windows Vista の Aero Grass の基礎技術となる Windows Presentation Foundation (WPF) について、かなり突っ込んだ部分を聞く事が出来ました。
 RDBMS ではスキーマとインターフェースの分離がなされていますが、.NET Framework 3.0 を利用することでアプリケーションのスキーマとインターフェースの分離が行えるようになったようです。
 特筆すべきは XAML の文法です。CSS に良く似ているおり、取っつきやすい印象を受けます。
 WPF が一般的に使われるようになれば、各国版や特定のユーザーを対象としたインターフェースを容易に実装できるようになるのでしょう。構造としては Macintosh のデータフォークとリソースフォークの関係に近いようです。

 XAML については IT Pro の記事が参考になります。
 Windows Vista 時代のユーザー・インタフェースの作り方



コミュニティライブ ブラジルで!チェコで!世界が Firebird を選ぶ理由
 Firebird 日本ユーザー会 理事長 木村明治 氏


 コミュニティライブ会場では、以前より気になっていた Firebird(ブラウザではありません)日本ユーザー会がセミナーを行っていました。
 Firebird は Borland InterBase より派生し、標準 SQL 規約に適合したフリーライセンスのオープンソースデータベースです。(顧客に対しても完全にフリーで配布する事が出来るようです)
 # これで合ってますか?>木村さま
 今回は Firebird Conference 2005 の報告をベースにしつつ、3大オープンソースDBにおける Firebird のポジション及びメリットとデメリットを客観的に解説されていらっしゃいました。
 意外だったのが国内では、どちらかというと知名度が今ひとつ(失礼)の Firebird がワールドワイドでは一定のシェアを持っていると言うことでしょうか。前知識では「日本語がいまいち不安定?らしい。詳細不明のDB」と言う認識でしたが、今はどのドライブに突っ込んで遊んでみるのが良いかな?と言う気になっています。
 C/S型でも構築できますが、構造一体型(Embed)でも構築できるそうなので、さくさく作れそうな点が魅力的です。



 Developers Summit は開発者であれば、何かしら得られるものがあります。
 データベースとは無関係なのでレポートこそ書いておりませんが、全体的に非常に質の高い内容をやっておられました。
 また、スタンプラリーもやっておられましたので、商品目当て…は、ちょっと厳しいですね。出版関係が重質していますので、なかなか手に入りづらい書籍を求めて参加されるだけでも良い刺激になるのではないでしょうか?
 駆け足ではありますが、以上で Developers Summit 2007 のレポートを締めくくりたいと思います。

最後に。
 FileMakerPro 九州ユーザーズミーティングでは、FM-Kyushu / Feb. 2007「システム導入までの道のり〜ここがポイント!」と題しまして、2/24(土) にアップルストア福岡天神でイベントを開催します。
 今回、Developers Summit 2007 会場でファイルメーカー社の方と、たまたまお会いできたため「なんか下さい」と言っておきました。もしかすると何かお土産があるかもしれませんが、無いかもしれません。もしも何も無い場合は、Developers Summit 2007 で頂いた、ファイルメーカー社のロゴが入ったクリアケースを…って、 欲しい方いらっしゃいますか?
 えー、 ・・・ 日にちも差し迫っておりますが、よろしくお願いいたします。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
コメント
from: MeijiK   2007/02/22 3:56 PM
>># これで合ってますか?>木村さま

はい。あってます。基本的にはMPLのバリエーションのIPLというライセンスでの配布が可能なので、どのような形態で運用しても無料です。詳細を確認する場合は、以下を参照してください。

http://www.ibphoenix.com/main.nfs?page=ibp_ipl
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://www.fm-kyushu.jp/trackback/361816