FileMakerPro Kyushu Users Meeting

九州の FileMaker Pro ユーザグループ「ファイルメーカー Pro 九州ユーザーズミーティング」
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Google
次回の勉強会予定
  • 日程:2017 年 6 月 10 日 (土)
  • ※ 3 / 6 / 9 / 12 月の第 2 土曜開催
  • 会場:BIZCOLI
  • 参加:受付フォーム
Google グループ
RECENT COMMENT
  • FM Talkers Oct. 2014 - FileMaker 勉強会 -
    松本 (10/11)
  • 告知:FM Talkers October. 2012 - ワークショップ「メルマガ配信ソリューション」とグラフ入門
    長崎の坂井 (10/10)
  • 開催レポート:FM Talkers June. 2012 - 新バージョン FileMaker 12 の機能をみんなで掘り下げよう!
    仕事メモ@うずらの卵 (06/30)
  • FM Talkers Apr. 2011 - 検索について - レポート
    山本 (05/01)
  • FM Talkers Oct. 2010 - たまには復習でもしませんか? -
    山下好徳 (09/29)
  • FM Talkers Aug. 2010 - みんなで触ろう FileMaker Go! -
    ちぢいわ (08/27)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    キュウラギ (04/26)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    中島 (04/26)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    キュウラギ (04/20)
  • FileMaker 講習会 & FM Talkers Apr. 2010 〜 自分のソリューションを参加者に添削してもらおう!〜 開催のお知らせ
    CLA (04/20)
 

FM Talkers Apr. 2011 - 検索について - レポート
2011 年 2 月 26 日 (土) 、福岡市のふくふくプラザにおいて、FM Talkers Apr. 2011 - 検索について - が開催されました。 

検索の基礎として検索演算子をはじめスクリプトによる自動化のデモを行いました。
その上でリレーションによるインクリメンタルサーチの紹介を行いました。(FM Talkers Jun. 2009 - スクリプトトリガを使い倒す - で紹介したものを再紹介)


最後に Medical Macintosh山本先生より医療現場に置ける FileMaker 活用事例に関するプレゼンテーション(FileMaker Go活用によるスタンアローンコンプレックスなソリューション。災害時電子カルテのと二次元バーコードの活用)に加え、索引の最適化(チューニング)についての説明をいただきました。

オーカワの理解としては、福岡県の郵便番号テーブルにおいて、様々な検索を行う場合、全てに含まれるであろう '福岡県' 'ふくおかけん' という文字列についての索引は不要と言う考え方です。この最適化を行う事で、数百万レコードなど大量のレコードの検索時においても適切な速度を維持出来るとの事です。

山本先生のお話をオーカワなりに実装してみましたので、ぜひサンプルファイルをご確認ください。
オーカワの理解は合っていますでしょうか?<山本先生


追記
山本先生よりコメントをいただきましたので追記いたします。
ありがとうございました m(_ _)m
福岡県を対象とする住所検索で、最初から福岡県を対象にしない場合はsubstitute(検索文字;"福岡県";"")としてから検索します。この検索文字を検索するフィールドも別に牽引設定をしてsubstitute(住所;”福岡県";"")という計算フィールドにします。

これの応用として完璧な検索をもとめず、曖昧な検索をするためにあえて、「丁目」であるとか「町」という文字を削除した前処理を行い、索引を前もって作成するなどの工夫もありえます。正規表現とはひと味違った独自の検索が可能です。

FileMakerの場合、索引作成に癖があり初期状態ではフィールド全部に索引設定がされていまいます。レコードが固定であれば問題ありませんが、レコードが増加する場合、索引の更新にマシンパワーが必要で、レコード追加や更新の速度が落ちる場合があります。数百万、あるいは数千万レコードのハンドリングを行う場合は、索引設定の最適化が求められます。
コメント
from: 山本   2011/05/01 4:21 PM
福岡県を対象とする住所検索で、最初から福岡県を対象にしない場合は
substitute(検索文字;"福岡県";"")としてから検索します。この検索文字を検索するフィールドも別に牽引設定をしてsubstitute(住所;”福岡県";"")という計算フィールドにします。

これの応用として完璧な検索をもとめず、曖昧な検索をするためにあえて、「丁目」であるとか「町」という文字を削除した前処理を行い、索引を前もって作成するなどの工夫もありえます。正規表現とはひと味違った独自の検索が可能です。

FileMakerの場合、索引作成に癖があり初期状態ではフィールド全部に索引設定がされていまいます。レコードが固定であれば問題ありませんが、レコードが増加する場合、索引の更新にマシンパワーが必要で、レコード追加や更新の速度が落ちる場合があります。数百万、あるいは数千万レコードのハンドリングを行う場合は、索引設定の最適化が求められます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://www.fm-kyushu.jp/trackback/1104834